これが世の常なの?奈良に起こる汽車のツーリストの座り方

先日の3連休で、奈良をどっぷりと観光してきました。
興福寺、東大寺、春日大社、若草山、唐招提寺に薬師寺、そして法隆寺。奈良お過ごしだ。
奈良でのあちらこちらの距離は、集大成地元の鉄道、K鉄を利用したんですが、こういう3日間のなかで、唯一いらっとしたのが、K鉄電車のツーリストのシートの座り方だ。
電車のシートは、山手線やの間央線のように、向かい合わせの長いシートなのですが、軒並み適当な座り方です。
不十分というのは、きちんと詰めて座らず、ザクッとした感じで座っているんです。電車がすいているのであれば、それも良しですが、立ってある人が、いっぱいいるにも関わらず、電車がそれなりに混んできてもシートを詰めようともしなく、軒並み平然と座っている、一心不乱なんで、だ。
薬師寺をまわり、宿屋に立ち返るのにまたK鉄に乗った場合、7人がけのシートに適当に4人が座っている。私たちは3人連れだったので、そこに3人で隙間にすわろうとすると、その4人がすぐに貫く、無理やり押し込む感じで座り用いると、向かいのシートの若々しい妻2人がじっと睨みつけた。睨みつけたいのは、ここだ。
なんで、軒並み詰めて座らないの?これって風土?
久しぶりにいらっとしたことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です