ちっちゃなご苦労なんかどうでもよくなる漫画で気分を変えよう

団地ともおと言うアニメがおススメだ。主人間一般は木下ともおと言うちょっとおバカな小学5年ライフ。人間がどうでもいいと思うようなことにはとことん拘るが、誰もがとらわれるようなことにはトータルこだわらない一風変わった人間で、毎回独特の観点から自分なりに解決していきます。父は独り暮らし転勤の間での間教え子の姉とお母様と団地に住んである。ともおの付近で来る普通の毎日がユーモアおかしく時折涙ありで描かれてある。OFF友人が出かけて行くの間、自分だけがどこにも連れていって買えず、倦怠なの間で今まで気づかなかったことを発見したり、40金の我らが前感じたような事をともおも感じていることに以心伝心が持てます。平成の子供と言うよりは昭和の子供のような明確なともおとともおを取りまく友人や大人間も望ましいフレーバーを出してある。特におススメなのが「亀の甲より年の甲だよともお」という回のお話。優しそうなともおの祖父の意外な真意に思わず吹き出してしまう。まごのともおを見ながら「うるせーな。」と本心思っていたり、「物心が分から乏しい。」というともおに対して「ともおは物心が付くのが遅かったもんな。」と本心思っていたり、きめ細かい笑みの祖父からは想像ができない毒づいた祖父の真意が愉快でなりません。都度回ともお以外の主人間一般が翻り、その人間の思いの丈やケースが描かれているのですが都度回興味深いだ。団地ともおを見ると幼いご苦労なんかどうでも良いと窺えるほど度胸つけられるおススメのアニメだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です